こだわりのカラーダンボール箱を制作してみる

カラーダンボール箱

宣伝効果のためにカラーダンボール箱を制作

通販などを行う場合、商品を配送するためのダンボール箱が必要になります。一般的な無地の茶色いタイプを使うことも珍しくありませんが、ブランド等ではオリジナルのカラーダンボール箱を使うことがあります。例えば、商品のイメージに合わせて白や赤の箱にするだけでも見た目に高級感が出てきたりするでしょう。店舗のロゴを印刷しておけば、さらに宣伝効果も狙えます。

配送する間に人の目に触れたり、届いた先で相手に改めて店舗の名前を見てもらうことが可能です。赤や青など、色を決めておけばお店のカラーとして印象付けることも不可能ではありません。宣伝効果を狙いたいなら、思いきって箱を製作してみることをお勧めします。こだわりのカラーダンボール箱を依頼して制作するシンプルなカラーダンボール箱なら、通販や店舗で購入することもできます。

どうせなら、店舗などのロゴやマークを印刷してさらにこだわりたいと考える人もいるでしょう。オリジナルの箱が希望なら、ダンボールへの印刷に対応し制作できる店舗を探します。フルカラーで印刷を行うサービスは少ないですが、単色や二色カラーなら行なっているところも珍しくありません。依頼するなら最初にロゴなどをデザインして、ダンボールのカラーとサイズを選びます。

個数が少ない時は、単価が高くなる可能性があるので最初に見積もりを作成することが大切です。小ロットで安くしたい時は、無地のカラーダンボール箱を購入してロゴが印刷されたシールを貼るという手もあります。

コメント