カラーダンボール箱の制作で差別化

カラーダンボール箱

カラーダンボール箱の制作の特徴

他とは少し違ってお洒落にしたいときにはカラーダンボール箱の制作も可能で、手元に届けばワクワクしますし普通の箱よりも扱いも丁寧になります。送られた方も箱を開けるときのドキドキ感もあり店やブランドの印象も記録に残りやすいです。ギフト箱や商品の箱など低価格でも高級感を出したいときや、簡易的にディスプレイをしたい場合にも向いてます。一般的にダンボールはクラフト色ですがカラフルなのがカラーダンボール箱で、表と裏ライナ・波部分の中芯から出来ていてカラーの原紙を貼合することでカラーダンボールになります。

また、環境にも優しくて両面を同色にしたり違う色など組み合わせも自由、中芯へ色を使うことも可能で柄・質感など豊富な種類があります。内装箱・収納箱・紙製のグッズ・ディスプレイ・POP材料などに使えます。カラーダンボール箱の制作では印刷もできるカラーダンボール箱の制作では印刷もクラフトタイプと同じ方法で出来ます。ただ赤や黒など濃い色だと印刷をしても白色印刷以外ははっきり色が出ません。

この場合だと、Eフルート以下の厚さなら箔押し(ホットスタンプ)がおすすめでGフルートはオフセット印刷も出来ます。製作会社では見本も公式サイトへ掲載していて、出来るだけ実物に近いのを表現するように努力してますがモニターで実際とは違う風に見えることもあります。ライナーはリーズナブルな美粧ダンボール、エフカラーはマット調で深みがあり、エコロジーな素材だと天然のリサイクル素材を使い独特の風合いを持ってます。柄・エンボス素材は素材の質感と高級感でイメージアップになります。

コメント