カラーダンボール箱の制作について

カラーダンボール箱

カラーダンボール箱の制作について

ものを入れておく事と輸送に使われるダンボール箱ですが、運べれば細かい事は構わない場合と、出来るだけ見やすく保管しておきたい場合があります。見やすく保管しておく場合にはラベルなどを貼っておくといいですが、もう一歩踏み込んでカラーダンボール箱を使うという方法もあります。カラーダンボール箱はその名の通り色の付いたダンボール箱で、工場に注文して校注する事になります。意外と指定が出来るので、どんな色が可能なのか工場に聞いてみるといいでしょう。

思わぬ偶然でその中に入れる商品と親和性の高い色のダンボール箱を制作出来る場合もあるのです。色を付けるという工程がある以上、多少高くなりますが、長く使う場合には検討する価値があります。カラーダンボール箱を制作して明示的にする例えば靴を入れるダンボール箱を用意するとします。ラベルを貼っておいて分かりやすくしますが、もっと大きなカテゴリー分けが出来ると整理しやすいと思うのではないでしょうか。

つまり革靴であるなら茶色のカラーダンボール箱、子供靴などを水色などにしておき、それを知っている人はすぐにそれがどこにあるかが分かる状態に出来るのです。特注ではダンボール箱にプリントする事も出来るので、商品名を書いておく事もできます。ただ、あまり小さいとまた別の箱が相性がいい可能性もあるので、ダンボール箱は大きくたくさんのものを入れる箱として、カラーの便利さを使いたいものです。使い回せる箱にしておけば長く使えますし、最初の制作コストも結果的に小さくしていけるのです。

コメント