カラーダンボール箱の制作で決めておくべきこと

カラーダンボール箱

カラーダンボール箱の制作で決めておくべきこと

カラーダンボール箱を制作したい場合には、専門の会社に依頼することができます。仕事を依頼する時にはあらかじめ決めておいたほうが良いことがいくつかあります。カラーダンボール箱を制作する目的も事前に決めておいた方が良いことです。使用する目的によりどのようなタイプのものを作ればよいか決まるからです。

梱包用に使用したい場合には、長距離の輸送にも耐えられる丈夫な素材を使用して作る必要があります。保存用のダンボールならば、湿気などにも強い素材を使用した方がおすすめです。どの部分にどのような色を使用するかということも、あらかじめ決めておく必要があります。お店によっては、複数の色を使用したカラーダンボールが作れる場合もあります。

カラーダンボール箱の制作と紙の厚さカラーダンボール箱を制作する場合には、紙の厚さにもこだわった方が、最適なものを作れます。厚さが5ミリメートル程度のものは丈夫なので、重たいものを入れるのにも適しています。特に上下から加わる力に対して強い力を持っているために、ダンボール箱を重ねていくつも積み上げる必要がある場合にも使うことができます。さらに強度が強いのは二枚の紙を重ね合わせたもので、全体の厚みも8ミリメートル程度あります。

非常に衝撃に強いために、遠距離まで商品を輸送しなければいけない場合にも使えます。カラーダンボール箱で使われることが多いのは、厚さ3ミリメートル程度のものです。軽量のものや小型のものを入れるのに適しています。

コメント